社会保険労務士川口正倫のブログ

横浜市の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ

「社会保険適用作成アプリ」でのCSVデータの扱い方法

社会保険適用作成アプリ」でのCSVデータの扱い方法

社会保険適用作成アプリ」は、次にようにしてデータをCSVファイルとして出力することができます。

「届書の作成」⇒「メニュー」タブ⇒「データ出力」
f:id:sr-memorandum:20210502002747p:plain


「参照」で出力するファイルの名前を指定⇒「出力開始」
f:id:sr-memorandum:20210502003026p:plain
f:id:sr-memorandum:20210502003230p:plain


出力したCSVファイルをExcelで開いていると、確かに「社会保険適用作成アプリ」の内容が出力されていることがわかります。
f:id:sr-memorandum:20210502003314p:plain


せっかくなので、CSVファイルに算定基礎届用の賃金等を入力してみます。
f:id:sr-memorandum:20210502003456p:plain


算定基礎届用の賃金等を入力したCSVファイルを今度は、「社会保険適用作成アプリ」で取り込んでみます。
「届書の作成」⇒「データを取り込む」
f:id:sr-memorandum:20210502003619p:plain


賃金等を入力して保存したCSVファイルを指定して、「CSVファイルの取り込み」にチェックに入れて、「OK」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502003902p:plain


「1行目を項目名とする」にチェックを入れて、「変換実行」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502004216p:plain


すると、エラーが表示されて取り込みができません!!
f:id:sr-memorandum:20210502004436p:plain


なぜかと最初は少々悩みましたが、何ということもありません。
CSVファイルをExcelで開いて保存したため、各セルの先頭にある「0」が消えてしまったため、データの形式が適合しなくなったのが原因です。

Excelでうまく読み込む方法もありますが、面倒なのでCSVファイル編集用専用ソフトを使用することをお勧めします。

ここでは、「Google スプレッドシート」を利用する方法を紹介します。
なお、「Google スプレッドシート 」を利用するためにはGoogleアカウントが必要となります。

まず、次のリンクにアクセスします。
Googleスプレッドシート」のリンクにアクセスします。
https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/


Google スプレッドシートを使ってみる」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502005206p:plain


「新しいスプレッドシートを作成」の「空白」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502005346p:plain


「ファイル」タブの「インポート」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502005545p:plain


「テキストを数値、日付、数式に変換」のチェックを外し、「区切り文字の種類」で「カンマ」を選択します。
f:id:sr-memorandum:20210502005630p:plain


「データをインポート」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502005903p:plain


先頭の「0」が消えずにインポートされます。
f:id:sr-memorandum:20210502010011p:plain


算定基礎届の賃金等を入力します。
f:id:sr-memorandum:20210502010059p:plain


入力したファイルを今度はダウンロードします。
「ファイル」タブ⇒「ダウンロード」⇒「Microsoft Excel(.xlsx)」をクリックします。
f:id:sr-memorandum:20210502010156p:plain


ダウンロードしたファイルを開くと、今度は先頭の「0」が消えていないことがわかります。
このExcelファイルをcsvファイルで保存します。
f:id:sr-memorandum:20210502010445p:plain


このCSVファイルを最初と同じ手順で取り込むと今度は成功します。
f:id:sr-memorandum:20210502010618p:plain


開いてみると、算定基礎届用の賃金等が入力されていることがわかります。
f:id:sr-memorandum:20210502010746p:plain