社会保険労務士川口正倫のブログ

横浜市の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ



高年齢雇用継続給付・育児介護休業給付|2021年(令和3年)8月より給付申請における添付書類の省略について

バナー
Kindle版「年金復活プラン」がよくわかる本
定価:300円で好評発売中!!


にほんブログ村
続き

高年齢雇用継続給付・育児介護休業給付|2021年(令和3年)8月より給付申請における添付書類の省略について

令和3年8月1日から、次のとおり添付書類を省略できるようになります。

1.育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢雇用継続給付金の手続の際、通帳等の写し

令和3年8月1日から、育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢雇用継続給付金の手続の際、通帳等の写しを原則不要になります。
※手書きで申請書を作成する場合は、引き続き必要になります。

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000783316.pdf


育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢者雇用継続給付金の最初の支給申請に当たっては、申請書の記載内容の確認書類として「払渡希望金融機関確認書類(通帳やキャッシュカードの写し等)」の提出が必要でしたが、令和3年8月1日以降、原則、これを不要とする取扱いに変更になります。

対象となる申請書

〈高年齢雇用継続給付金〉
 ●高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続支給申請書

育児休業給付金〉
育児休業給付金受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書

〈介護休業給付金〉
●介護休業給付金支給申請書

f:id:sr-memorandum:20210528222541j:plain:w800

2.高年齢雇用継続給付の手続の際、免許書等の写し

令和3年8月1日から、高年齢雇用継続給付の手続の際、あらかじめマイナンバーを届け出ている方について運転免許証等の写しを省略できます。
高年齢雇用継続給付金は60歳以上65歳未満の方を対象とする給付であるため、その支給申請に当たっては、被保険者の年齢を確認する書類として「運転免許証や住民票の写し等(以下、添付書類)」の提出が必要でした。
マイナンバーを届け出ていただいている方は、ハローワークにおいて年齢の確認ができるため、令和3年8月1日以降、この添付書類を不要とする取扱いに変更になります。

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000783315.pdf

対象となる申請書

●高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続支給申請書

留意事項

雇用保険の届出には必ずマイナンバーを記載してください。
番号法※および雇用保険法に基づき、雇用保険手続の届出に併せてマイナンバーを届け出ることが義務付けられています。
※正式名称は「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」

f:id:sr-memorandum:20210528222548j:plain:w800