社会保険労務士川口正倫のブログ

横浜市の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ



大学生の就職内定率は96.0%|令和3年3月大学等卒業者の就職率の状況

バナー
Kindle版「年金復活プラン」がよくわかる本
定価:300円で好評発売中!!


にほんブログ村
続き

大学生の就職就職率は96.0%|令和3年3月大学等卒業者の就職率の状況

令和3年3月大学等卒業者の就職状況が公表されました。

高専は例外ですが、新型コロナウイルス感染症の影響により、各学校とも就職率が低下しております。
とはいえ、もっとも大きな大学卒業者においても、低下は前年同期で2.0ポイントに留まっています。
末尾に掲載しましたように、平成9年以降の時系列で見るとリーマンショック等と比較するとそれほど大きくは下がっているようには見えませんが、本調査は就職希望者が就職した率ですので、志望どおり就職できたかどうかは問われません。
リーマンショックの頃と比較すると人手不足感がかなり増していましたので、志望を変更して、人手不足の業種や中小企業に就職した方が多数いたことで、この程度の低下に落ち着いたものと考えられます。

そうすると、今後3年~5年後には第二新卒の転職活動が活発になるものと予想されます。


それはさておき、下記に概要を抜粋しましたのでご確認ください。
詳細は、こちらのリンクを参照:
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00016.html


【全体の概要】
○ 大学の就職内定率は96.0%(前年同期比2.0ポイント低下)。このうち国公立大学の就職内定率は、95.9%(同2.3ポイント低下)、私立大学は、96.1%(同1.8ポイント低下)。
○ 短期大学の就職内定率は、96.3%(前年同期比0.7ポイント低下)。
高等専門学校及び専修学校(専門課程)の就職内定率は、それぞれ100%(前年同期比同)、91.2%(同5.6ポイント低下)。
○ 大学等(大学、短期大学、高等専門学校)を合わせた就職内定率は96.3%(前年同期比1.7ポイント低下)。専修学校(専門課程)を含めると95.8%(同2.0ポイント低下)。
○ 本調査における卒業予定者全体(※)に占める内定者の割合(大学のみ)「72.9%」
(※) 卒業予定者全体には就職希望者の他、「進学希望者」、「自営業」、「家事手伝い」等を含む。

【男女別の概要】
○ 男女別では、男子大学生の就職内定率は95.0%(前年同期比2.5ポイント低下)、女子は97.2%(同1.3ポイント低下)。また、国公立大学では、男子:93.3%、女子:98.6%、私立大学では、男子:95.5%、女子:96.8%となっている。

【文系・理系別の概要】※大学のみ
○ 文系・理系別では、文系の就職内定率は96.0%(前年同期比1.8ポイント低下)、理系の就職内定率は95.9%(同2.6ポイント低下)となっている。

【地域別の概要】※大学のみ
○ 地域別では、中部地区の就職内定率が最も高く、98.3%(前年同期比1.0ポイント低下)となっている。

f:id:sr-memorandum:20210519212036p:plain:w800
f:id:sr-memorandum:20210519212057p:plain:w800
f:id:sr-memorandum:20210519212114p:plain:w800
※相変わらず、高専の就職内定率の高さはすごいですね。