社会保険労務士川口正倫のブログ

都内の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ



帰宅途中で同僚に会い、40分ほど喫茶店でコーヒーを飲んだ後、同僚の車で合理的経路を帰る際の事故は、通勤災害か(昭49.11.15基収1867号)

バナー
Kindle版「年金復活プラン」がよくわかる本
定価:300円で好評発売中!!


にほんブログ村
続き

帰宅途中で同僚に会い、40分ほど喫茶店でコーヒーを飲んだ後、同僚の車で合理的経路を帰る際の事故は、通勤災害か(昭49.11.15基収1867号)

(問)
 被災労働者は、当日午後5時までの所定の勤務を終えて、バスで帰宅するため、午後5時10分頃退社する際、親しい同僚といっしょになったので、お互いによく利用している会社の隣りの喫茶店に寄ってコーヒーを飲みながら雑談し、40分程度過ごした後、同僚の乗用車で合理的な経路を自宅まで送られ、車を降りようとした際に、乗用車に追突され負傷したものである。


(答)
 通勤災害とは認められない。


(理 由)
 被災労働者が喫茶店に立ち寄って過ごした行為は、通常通勤の途中で行うような「ささいな行為」には該当せず、また、「日用品の購入その他これに準ずる日常生活上必要な行為をやむを得ない事由により行うための最小限度のもの」とも認められないので、中断後の災害に該当する。