社会保険労務士川口正倫のブログ

都内の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ



帰宅途中のひったくりによる負傷は、通勤災害か(昭49.3.4基収69号)

バナー
Kindle版「年金復活プラン」がよくわかる本
定価:300円で好評発売中!!


にほんブログ村
続き

帰宅途中のひったくりによる負傷は、通勤災害か(昭49.3.4基収69号)

(問)
 被災労働者は、当日午後6時5分頃業務を終え、午後6時10分頃退社し、地下鉄、私鉄を乗継ぎ、自宅最寄りの駅で下車して徒歩で帰宅する途中、駅から400メートル程の道路上にさしかかったところ、後方から進行してきた自動車(道路の左側に停車していて、被災労働者が通り過ぎた直後に発進したもの)により、ハンドバッグと革袋をひったくられ、その際、当該自動車に接触、転倒して負傷したものである。
 被災現場は、駅から徒歩で約5分の地点の道路上で、5メートル位手前に水銀灯が1本立っているが、周りはホウレン草畑であり、左側の奥に農家が1軒あるだけで夜は非常に寂しい場所であった。

(答)
 通勤災害と認められる。

(理 由)
 本件の如く、当該被災労働者が女性であって、大都市周辺の寂しいところに住居を有し、かつ、午後8時30分頃という時間に退勤するような場合に、その途上において「ひったくり」に出会うということは、一般に発生し得る危険であること。
 また、そのような「ひったくり」の場合、本件の如く、自動車による接触事故、その他により転倒負傷することも一般にあり得ることで異例な事象とはいえないことなどから、通勤に通常伴う危険が具体化したものと認められる。