社会保険労務士川口正倫のブログ

横浜市の社会保険労務士事務所に勤務する社会保険労務士のブログ

新日本製鐵(日鐵運輸)事件(最二小判平成15.4.18労判847号14頁)

新日本製鐵(日鐵運輸)事件(最二小判平成15.4.18労判847号14頁)

1.事件の概要

Xらは、製鉄業を営むY社の従業員であって、製鉄所の鉄道輸送部門の職務に従事しており、また従業員で組織するA労働組合の組合員であった。Y社の就業規則には、「会社は従業員に対し業務上の都合によって社外勤務を命じることがある」旨の規定があり、またXらに適用される労働協約である「社外勤務規定」において、詳細な規定が設けられていた。Yは、製鉄所の鉄道輸送部門の一定の業務を協力会社である訴外B運輸に業務委託することを決定し、これに伴い委託される業務に従事していたXらに在籍出向を命じた。Xらは不同意のままBに赴任し、本件出向命令の効力を争った。

2.判決の概要

原審の適法に確定した事実関係等によれば、(1)本件各出向命令は、Y社から八幡製鉄所の構内輸送業務のうち鉄道部門の一定の業務を協力会社であるB社に業務委託することに伴い、委託される業務に従事していたXらにいわゆる在籍出向を命ずるものであること、(2)Xらの入社時及び本件各出向命令発令時のY社の就業規則には「会社は従業員に対し業務上の必要によって社外勤務をさせることがある。」という規定があること、(3)Xらに適用される労働協約にも社外勤務条項として同趣旨の規定があり、労働協約である社外勤務協定において、社外勤務の定義、出向期間、出向中の社員の地位、賃金、退職金、各種の出向手当、昇格・昇給等の査定その他処遇等に関して出向労働者の利益に配慮した詳細な規定が設けられていること、という事情がある。
以上のような事情の下においては、Y社は、Xらに対し、その個別的同意なしに、Y社の従業員としての地位を維持しながら出向先である日鐵運輸においてその指揮監督の下に労務を提供することを命ずる本件各出向命令を発令することができるというべきである。

3.解説

最高裁が、アウトソーシングに伴い同業務に従事していた労働者に出向を命じる場合に、労働協約である社外勤務協定に「出向労働者の利益を配慮した詳細な規定」が設けられている事情を考慮して、個別同意なしに出向を命じることができる見解を示した判例


ブラック企業から身を守る!会社員のための「使える」労働法 [ 今野晴貴 ]

価格:1,296円
(2019/8/12 11:33時点)
感想(0件)